浮気の証拠をおさえる

証拠がなければ、浮気は無かったものになります

「スマホを見たら怪しいやり取りがあった!」
でも、相手は素直に浮気を認めるとは限りません。

 

「職場の同僚だよ」とか「何もないから」と普通は認めないと思いませんか?

 

そこで、浮気の証拠をおさえる方法と注意点についてアドバイスしますね。

あやふやな証拠では意味がない

浮気を相手に認めさせる方法は2種類しかありません。

 

ひとつは現場を押さえる方法。
これは誰が考えてもわかりますよね。
目の前で目撃すれば相手は言い逃れのしようがありません。

 

そして、もうひとつは証拠をおさえる方法。
現場をおさえるのは非常に難しいので、一般的にはこちらの方が多くなります。

 

しかし、証拠をおさえるもの簡単ではありません。

 

相手に浮気を認めさせるためには、言い逃れができないような決定的なものである必要があります。
また、浮気を理由に離婚したいとか慰謝料を請求したい場合も同様です。

  • 決定的な写真がある
  • 目撃者がいる

LINEのメッセージのやり取りだけでは足りません。
上記のような本当に決定的な証拠がなければ意味がないことを覚えておいてください。

証拠不十分で起こりうるリスク

本当によくあるパターンなのですが、不十分な証拠で浮気を追及すると、あなたの立場が悪くなります。

 

「何だよ?俺のこと疑っているわけ?」
「私のこと信用してないの?」

 

浮気や不倫している人の常とう手段ですが、こんなことを言われてしまう可能性があります。

 

また、そうやって追求しきれないと、相手は浮気や不倫がバレないように気をつけるようになってしまいますので、二度とシッポを出さなくなってしまうでしょう。

離婚自由になる証拠とは

誤解している人が多いのですが、離婚自由になる証拠は配偶者である夫や妻が、あなた以外の異性と一晩を過ごしたということがハッキリとわかるもの(写真)などが必要です。

 

また、1度だけではなく、継続的な交際をしていたことも証明する必要があるんですね。
ですから、どんなに怪しいLINEのメッセージのやり取りをおさえたところで証拠としては弱いと覚えておいてください。

裁判で使えるような証拠集めは素人では無理

では、あなたにお聞きしますが、配偶者を一日中尾行して浮気の証拠をおさえることができますか?

 

よほど暇な人でない限り、相手が浮気相手と密会するまで尾行する時間はありませんよね。
ましてや、あなたの顔は割れていますから、尾行の難易度もめちゃくちゃ高くなります。

 

ですから、浮気や不倫を理由に離婚したいと考えている人や慰謝料請求をしたいのであればプロに依頼する以外に方法はありません。

 

最近は、良心的な金額で浮気調査をしてくれる探偵事務所や興信所もありますので、任せた方が確実性が上がります。

 

HAL探偵社では、無料シミュレーターでおおよその見積もりが出せますので、一度調べてみると参考になります。

 

思っていたよりは安いと思うのではないでしょうか?

関連ページ

ずは落ち着くこと
浮気に気が付くと、気が動転し、怒りや悲しみなどの感情に押しつぶされそうになるので冷静でいるのは難しいです。しかし、まずは落ち着きましょう。そうしないと事態は悪化する一方になります。