浮気の言い訳【具体例】

浮気した人はこんな言い訳をしている

浮気をしてしまったときの言い訳はどうすればいいでしょうか。実際に浮気を疑われたり、ばれてしまった経験のある人に聞いた具体例を紹介します。

浮気の言い訳の具体例

浮気を疑われたり、バレたりしたときの言い訳はどうしたらいいのでしょうか。当然、パートナーである彼氏や彼女のタイプにもよりますが、実際に経験した人の話は参考になるものです。そこで、いくつか事例を紹介します。

浮気を疑われた場合の事例

まず、始めに紹介するのはスマホの中身を彼女に見られて浮気を疑われてしまったHさん(男性31才)黒か白かといえば黒なのですが、スマホに残っていた浮気相手とのラインのやり取りは限りなく怪しいとはいえ、浮気が確定するような言葉はありませんでした。

 

しかし、ハートマークが多用されていたり、言葉使いなどが単なる異性の知り合いや友人には使わないレベルだったらしく「浮気しているでしょ?」と彼女からスマホをある日突然突きつけられて追及されてしまいました。

 

結論から言えば、Hさんは最後まで浮気を認めなかったそうです。彼女が浮気相手と思われる女性に電話しましたが、「浮気の事実はありません」と相手の女性が言ったことにより、限りなくグレーですが難を逃れられました。

 

今回のケースの場合、Hさんにも浮気相手の女性にもお互いにパートナーがいることを承知していたので、お互いに相手の恋愛を壊す気はなかったのが幸いしたのです。あとは「どんなに謝っても浮気がバレた時点で終了」というタイプの彼女らしく、本当のことを言えなかったとのこと。

 

その後、これをきっかけに浮気相手との関係を解消して、彼女と仲良く過ごしています。

浮気が完全にバレてしまったケース

今度はパートナーの彼氏に浮気が完全にバレてしまったケースの事例です。24才の女性Kさんは、浮気相手と歩いているところを彼氏に目撃されてしまったことと、浮気相手が浮気を認めてしまったため、とぼけ切れる状態ではありませんでした。

 

彼氏と別れるつもりがなかったKさんは、最初は言い訳をしていましたが絶対に許してもらえなさそうだったので、土下座して平謝りしたそうです。結果的にはそれが功を奏して、別れることにはならなかったらしいのですが、その後彼氏との間は主従関係のようになってしまい、常に疑われているような息苦しい関係が続いているとのこと。

 

「言い訳だけでなく、謝ったのは良かったですけど、結局彼氏の立場がずっと上になってしまった…」と少々困惑している様子でした。

 

言い訳の仕方によっては、その時は許してもらえても、その後のカップルの関係を大きく変えてしまうという典型的な例です。ただ、浮気がバレても許してもらいたいのであれば、その後の関係がどうなろうと、まずは平謝りして許しを請う以外の方法はないのかもしれませんね。

関連ページ

浮気の言い訳(テンプレ)
浮気してしまった場合は当然ですが言い訳しますよね。その時によくありがちなテンプレをまとめてみました。浮気した人も浮気された人も覚えておいて損はありませんよ。
浮気がばれたら
浮気がばれたらどうするべきでしょうか。この場合、その後パートナーとやり直したいか、それとも別れるかによって答えは変わってきます。