浮気の修羅場まとめ

浮気の修羅場について

信用していたパートナーが浮気をしていた怒りは時として修羅場を生みます。
自動自得としか言いようがありませんが、出来れば避けたいもです。ですので、ここでは浮気の修羅場についてまとめてみます。
(一番いいのは浮気しないことですよ)

浮気の修羅場まとめ

では、恐ろしい浮気の修羅場をご紹介します。

浮気の修羅場ケース1 家で鉢合わせ

タレントの矢口真里さんが部屋で浮気相手の男性と一緒にいたところにご主人が帰ってきて鉢合わせ…
そういった状況から「ヤグる」という言葉が生まれたようですが、言葉ほど簡単な状況ではありませんよね。あまりの恐ろしさに想像もしたくない修羅場です。

浮気の修羅場ケース2 町で鉢合わせ

世の中広いようで狭いもの。「今日は彼は仕事だし絶対にバレるわけない!」と思って浮気相手と遊びに行った先でバッタリと本命の彼氏と鉢合わせてしまう。珍しいことではありません。

 

もし、浮気相手が本命の存在を知らなければ、あなたは彼氏からも浮気相手からも攻められることになります。これは辛い。

浮気の修羅場ケース3 名前を呼び間違える

男性ならケンとケンジ、女性ならミキとミクなど、紛らわしい名前は沢山ありますよね。「ねえ、○○!」と読んだら本命の彼氏や彼女がピタッと止まった…

 

こんな名前の呼び間違えも修羅場を生みます。

 

「絶対に間違えないし、ねえ!とか名前で呼ばないようにしているから!」こんな自信満々の方でも寝ている時までは気を付けられませんよね。
寝言で違う異性の名前を言って修羅場になるかもしれませんよ。

浮気の修羅場ケース4 送信間違えで修羅場

メールやLINEなどとても便利な時代ですが、浮気相手に送るはずが本命の彼氏や彼女に間違えて送信してしまって修羅場になることがあります。

 

「これ何?」こんなふうに問い詰められたときのことを考えたら背筋が寒くなりますね。

 

 

まだまだ、ありますがキリがないのでやめておきます。
浮気してしまってバレていないのあれば、修羅場を迎える前に反省してやめましょう。
悪いことは必ずバレる時が来るものです。

浮気の修羅場は大変だったではすまないこともあります。ここでは実際の浮気の修羅場の事例を紹介しますので、浮気について真剣に考えてみてください。