浮気の証拠について

浮気の証拠まとめ

彼氏や彼女が怪しかったり、浮気をしているときには2つの対応があります。
ひとつは「信じる」「見て見ぬふりをする」、そしてもうひとつが「真相を突き止める」です。

 

もし、あなたが真実を知りたいと決意したのであれば、以下の情報を参考に浮気の証拠を探してみてください。

浮気の証拠の種類

まず、大前提として言えるのが証拠は決定的でなければならないということです。「友達からあなた(彼氏や彼女)が異性と仲よさそうに歩いていたって聞いたけど!?」こんな不確定な情報で浮気を追及しても「人違いだよ」ってとぼけられたり、笑い飛ばされて話もろくに聞いてもらえない可能性が高いです。酷い場合には「疑っているのかよ?」って逆切れされるかもしれません。

 

ですから、浮気の証拠は決定的でなければならないと覚えておいてください。

浮気の証拠1 現場を押さえる

あなたが道を歩いていたら、恋人である彼氏(彼女)が見知らぬ異性とキスをしていた…
こんな現場を押さえれば、これ以上の浮気の証拠はありません。

 

いざとなると勇気が出なくて声をかけることが出来なかったということも考えられますので、スマホなどで写メを残しておくなどしましょう。例え遠くからの写真だとしても、あるのとないのとでは大違いです。

浮気の証拠2 スマホ・携帯

信頼関係が壊れる可能性がありますので、よほどの覚悟がない限りやめておいた方がいいと思いますが、スマホや携帯の中には証拠となるものが残っているケースが多いものです。

写メ

浮気相手の写真などが残っていることがあります。通常、異性の写メを保存しておくことは少ないので「これ誰?」と追及できます。

履歴

浮気するためには、浮気相手と連絡を取る必要があるので必ずスマホや携帯を使います。履歴に怪しい名前や何度も連絡している番号があったら控えておきましょう。

LINE

ラインやカカオトークといった無料通話アプリにも、チャット履歴が残っています。チャット画面をそのまま写真を撮っておきましょう。

浮気の証拠3 パソコン

現場を押さえられることは難しいですし、スマホや携帯はロックがかかっていたり、バレるのを警戒して履歴を削除していることも多いです。しかし、パソコンの検索履歴まで気が回る人はなかなかいません。あなたと行ったこともないおしゃれなレストランやおしゃれなデートスポットを探していたりするかもしれませんよ。

 

また、ヤフーメールやGメールなどのフリーメールで浮気相手とやり取りしている可能性もあり、パソコンが暗証番号を暗記していてログイン出来てしまうこともあります。また、スマホや携帯と同期していると写真などがパソコンに取り込まれている可能性もあり、浮気の証拠写真があるかもしれません。

浮気の証拠4 レシート

レシートが浮気の証拠になることもあります。というのは、レシートには日時や時間だけでなく、人数なども記載されているからです。

浮気の証拠5 車

助手席のシートの位置や角度が変わっていた…確か怪しいですが、これは決定的な証拠にはなりません。それよりもカーナビの履歴やスイカの履歴が残っていれば決定的な証拠になります。

浮気の証拠6 SuicaなどのICカードの履歴

軽快してクレジットカードを使わない人でも、Suicaの履歴までは気が回らないということがあります。Suicaにはどこの駅からどこの駅まで乗車した履歴が残っていますので、証拠として使えます。

彼氏や彼女の浮気が怪しいので、いろいろと証拠集めを頑張っても見つからない場合はどうしたらいいでしょうか。いい方法をお教えします。