浮気する人の特徴【過去に浮気経験がある】

過去に浮気経験がある人は浮気をする

浮気する人の特徴として「過去に浮気経験がある」があります。「今回は大丈夫」こんなふうに思っていませんか?そこで、何故浮気を繰り返すのかを考えてみましょう。

何故、浮気を繰り返すのか

浮気をする人の特徴で最もポピュラーなのが過去に浮気経験がある人です。「反省しているから繰り返さない」「今回は真剣だと言ってくれている」」こんなふうに信用したい気持ちは解りますが、一度浮気をしたことがある人は何度も繰り返す傾向があります。

 

理由をあげてみますね。

浮気への罪悪感が少ない

浮気をする人の特徴として、もともと浮気に対する罪悪感が少ないというのがあります。例えば、タバコは絶対に良くないという人もいれば、自己責任という考えの人もいるように、人間というのは人それぞれ物事に対する価値観が全く違うんですね。

 

ましてや浮気は犯罪ではありませんので、人それぞれ浮気に対する罪悪感は大きく違います。

一度浮気するとハードルが下がる

浮気に限ったことではありませんが、一度経験したことは二度目からはハードルが下がります。一番最初に浮気したときは「パートナーに悪いな…」と良心の呵責に苛まれますが、その経験が2度目以降の浮気へのハードルを下げてしまうのです。

恋愛が人生の楽しみ

人それぞれ、好きなことってありますよね。仕事に打ち込む人、旅行が好きな人、車やバイクなどが大好きな人etc それと同じで恋愛が人生の楽しみの大部分を占めてしまっている人がいます。趣味みたいな感覚になってしまうんですね。

 

そうなると、バイクが好きな人がもっといいバイクに乗りたくなったり、海外旅行が好きな人が、更に違う国へ旅してみたいと思うように、色々な異性と付き合ってみたいと思ってしまうわけです。

恋愛することでしか自尊心が満たされない

人間には承認欲求と言って「他人から認められたい」という強い欲求があります。そして、恋愛というのは、もっとも承認欲求を満たしてくれるもののひとつなんですね。

 

ですから、家族や友人、学校や職場の仲間と健全な人間関係が築けない、もしくは、物足りない状態が続くと、その不足した部分を恋愛で埋めようとしてしまうのです。

 

 

以上のような理由から、過去に浮気した経験のある人が浮気を繰り返してしまうのです。