浮気する女の特徴【不満が多い】

不満が多い女性が浮気する事例

浮気する女性の特徴はいろいろありますが、その中のひとつに「不満が多い」というものがあります。男性は是非知っておきましょう。

不満が多い女が浮気する

男女問わず不満が多いタイプの人はある一定数存在しますが、それが女性の場合は浮気に走る人の特徴の可能性が高くなります。理由は、男女平等の世の中になったとはいえ、まだまだ女性の男性に対する依存心は高く、その依存心の裏返しとしていろいろと不満が出てくるんですね。

女性は減点法で男性を見ている

女性というはパートナーである彼氏を減点法で常に見ています。そして、ポイントなのが一度減点されると取り返すことが出来ず、ある一定の基準を下回ると、浮気に走ったり最悪の場合別れになるんですね。

 

男性の場合は女性と同じでパートナーに対して「ここは駄目だな」と減点法で見ることもありますが、それと同時に「こんなにもいいところもある」とか「こんないいところがあったんだ」と加点でも考えるので、プラスとマイナスでプラスが多ければ問題ありません。

 

ですから、女性が浮気に走った原因が「不満が積もり積もって」ということを聞くと驚いてしまうのです。しかし、残念ながらそうなった場合は、女性がもとの気持ちに戻ることはほとんどありません。

相手に期待しすぎる女性が不満が多い

そもそも不満がどこからくるかといえば期待からくるんですね。「あれして欲しい、これして欲しい」というようなことから「私はこんなにしてあげているのに、彼氏は全然何もしてくれない(私がしていることと比較して全然足りない)」こんな考え方をしているので、彼氏が普通にしていたとしても不満がたまってしまうのです。

 

ですから、男性が女性と交際するときに気をつけなければならないのは、相手の女性が恋愛や男性に対して過剰な期待をしていないかどうか、また、見返りを求めるタイプではないかどうかの2点です。

 

正直って、知り合ってしばらくは遠慮していますから、なかなかこう言った本性は解りません。ですから、勢いで付き合いはじめると、あとあと彼女が上記のようなタイプの浮気する女の可能性が出てくるかもしれません。

 

また、男性は女性に過度な期待をさせるようなことは言わないことです。簡単に言えば、出来ない約束や調子のいいことを言わないこと。やはり、言われたら誰でも期待してしまいますからね。カップルの中には男性が女性に期待させる割には何もしないというような、女性の不満の原因を彼氏が作っている場合もありますので注意が必要です。