浮気をしてしまったら

浮気をしてしまったら知っておくべきこと

浮気をしてしまったら…
浮気しないに越したことはありませんが、浮気してしまったものをどうのこうの言っても始まりません。

 

そこで、浮気をしてしまったらどうすべきかをまとめてみました。

浮気をしてしまった人へ

浮気なのか本気なのか、浮気相手に彼氏や彼女がいるかいないかなど、一口に浮気と言っても状況によって全然違うものです。
場合によっては「ごめんなさい」では済まないこともありますので注意してください。

隠しとすことも思いやりのひとつ

「浮気したものの罪悪感が凄い」
「もう二度と浮気はしない」

 

こんなふうに浮気をしたことに後悔していたり反省していて、彼氏や彼女にバレていない場合は隠し通すことが思いやりだとも言えます。理由としては、パートナーが浮気の事実を知った場合、二度と立ち直れない位の精神的ショックを受けることもあり得るからです。

 

しかし、この場合は彼氏・彼女と付き合っている間はずっと隠し通す必要がありますし、パートナーと結婚した場合は墓場まで持っていく覚悟をしてください。

 

自分の罪悪感に負けて、あとあと白状する人がいますが自己満足であって相手にとっては少しもプラスはありません。

出来るだけ早急に一人に絞る

浮気があくまで浮気であれば本命の彼氏や彼女にするべきですし、浮気が本気になってしまった場合は、新しいパートナーを選んでもとの彼氏や彼女とは別れるべきです。

 

「どっちか決めることなんてできない…」こんなのは相手のことを全く無視した自己中心的な考え方です。

相手が既婚者の場合のリスクは大きい

もし、浮気相手が既婚者の場合は慰謝料請求というとんでもないリスクがあります。

 

もちろん、交際期間などの状況にもよりますが、既婚者との浮気がばれた場合は、浮気相手のパートナーから最高で300万円ほどの慰謝料請求をされる可能性があります。

 

また、お金の問題だけでなく、浮気相手の家庭が崩壊したり、子供がいる場合はその子供たちにまで大きな悪影響を与えてしまう可能性があることを忘れてはいけません。

浮気をしてしまったらどうしたらいいでしょう。ここでは実際に浮気をしてしまった20代女性の事例をあげて考えてみます。